Feature

渡辺俊美×誰かと誰かのレコードジャケット S/PEAK

4th.guest / 若旦那

新年度の幕開けとともに、俳優としての幕開け(しかも主演!)をも迎えることが決まった渡辺俊美が、ゲストの心に刻まれたレコードジャケットを肴に音楽〜男の話を展開する対談企画第4弾。今回のお相手はRUDOでも馴染み深い男・若旦那。これまで語られたことのない湘南乃風黎明期の葛藤など、思いの丈をぶちまけた。

PHOTO:RIEI NAKAGAWARA
撮影協力:cafe pizzeria violetto 東京都渋谷区代々木5-63-10 TEL.03-5738-3295

今月のレコードジャケット
WHAM!『MAKE IT BIG』

大ヒットシングル『Last Christmas』などで知られるワム!が1984年にリリースしたセカンドアルバム。ジョージ・マイケルのソングライティングの才能が爆発して米英で1位を記録。シングルカットされた『FREEDOM』、『CARELESS WHISPER』ほか2曲も世界中のトップチャートを席巻した。

渡辺「「ワム!」は完璧にアメリカ人の顔してケバい方に行った。元祖・水っぽいんだよ(笑)」

渡辺「「ワム!」は完璧にアメリカ人の顔してケバい方に行った。元祖・水っぽいんだよ(笑)」

  • 渡辺(以下、T)お! 「ワム!」だ!
  • W 「ワム!」です(笑)。ロカビリーを持ってこようと思ったんですけど、一番影響を受けているサウンドはこっちなんで。この後なんですよ、ロカビリーとかサイコビリーとかに行ったのは。
  • T まずはこっちだったんだ。
  • W 純粋に音楽に入ったのはこっちなんです。だから、本当に身体に残っているんですよ。
  • T 素直な時に入ってきた音楽って、そういうもんだよね。
  • W 小学3~4年生で聴いていたものなんで、歌詞も英語だから分からないんですよ。だけど、何か感じるものがあったというか…。
  • T 先輩とか周りの影響とか関係なく、何よりも純粋に100%入って来たってことでしょ。
  • W そうですね。
  • T 洋楽ってそれで良いんだと思う。何か知らないけど、“感じる”みたいな。キラキラしてるというかさ。そうすると目覚めるよね、他のとは違う初めて生まれた個性っていうかさ。
  • W 性の目覚めとちょっと似ているかもしれませんね。
  • T 似てる似てる(笑)。
  • W もともと兄貴の所有しているレコードだったんですよ。いつも兄貴がいない間に部屋に忍び込んでコソッと聴いていて。隠れた宝物というか、エロ本を見る感覚(笑)。なぜか当時は貸してって言えなかったんですよ。兄貴は4コ上で当時は中学生だったんですが、その大人の世界に触れていた感じです。
  • T 俺も高校の時はジャパン、デュランデュラン、カルチャークラブとか聴いてた。『ベストヒットUSA』もイギリス勢が全盛でさ。ディスコの後にブラックミュージックが流行る前で、ニューウェーブっていうか、イギリスのパワーみたいなものがあって。俺も影響受けたね。坊主の剣道部なのに化粧したりとか密かにやって(笑)。
  • W 確かにニューウェーブが多かったですね。ただ、小学校に外国人の友達がいたんですよ。アメリカからの転校生で。そいつの家でヴァン・ヘイレンやヘビメタ系を聴くようになって。ライオネル・リッチーとかのアメリカの音楽。
  • T ハードロック系も自然に入って来たんだ。
  • W そうですね。頭で聴いてないから何でも聴けたのかなと思うんですよ。ただ、日本語の歌になると急におニャン子クラブ(笑)。『ベストテン』も『トップテン』も観てましたね。中森明菜とかの時代です。
  • T 明菜ちゃん、(松田)聖子ちゃん、キョンキョン(小泉今日子)の時代だからね。誰にキュンキュンしてたの?
  • W キュンキュンですか(笑)。歌は中森明菜が好きでしたね。ノリというか音楽のセンスはキョンキョン。僕は小学校の時にトランペットやってたんですよ。だから、『木枯らしに抱かれて』とか吹いてましたね(笑)。ガタイの良いヤツが一クラスで二人くらい選出されるんですよ、「トランペット吹きなさい」って。肺活量があるから。それで自分が選出されたんですけど、単純にそれが凄く嬉しくて。
  • T トランペットは嬉しいよ。リーダーだもんね。
  • W それから毎日、音楽室で5〜6時までずっと練習してました。でもやっぱり「ワム!」は、本当に衝撃的でした。凄くカッコイイと思って。
  • T セクシーだったからね、どこからどう見ても。バンドでもないし。若いフリオ・イグレシアスみたいな(笑)。(このアルバムで)特に好きな曲ある?
  • W 『FREEDOM』ですね、やっぱり。あと『WAKE ME UP BEFORE YOU GO-GO』。
  • T 基本的にビートとかもモータウンじゃない? そこがまた良いんだよね。後になってモータウンを聴くと、「これそうじゃん!」みたいな(笑)。
  • W モータウンに行き着くんですよね。
  • T この頃って何でもそうだけど、“ブルーアイドソウル”っていうか、みんな黒人に憧れてたんだよね。それだけじゃなくてアメリカを意識しているというか。(ワム!と同時代の)スタイルカウンシルはパンク上がりの人が好きだったんだけど、彼らはある程度昔のジャズを取り入れて、“ザ・イギリス”の顔してバンドとしてうまく昇華させた。(フロントマンの)ポール・ウェラーも超格好いい。だけど、「ワム!」は完璧にアメリカ人の顔してケバい方に行った。元祖・水っぽいんだよ(笑)。でも、純粋にアメリカの音楽を音楽的に考えてみると、「ワム!」の方が半端なく上手い。
  • W PVも凄いですもんね。
  • T 当時は似たようなグループでティアーズ・フォー・ティアーズもいたけど、「ワム!」ほどではなかった。やっぱり彼らの方が上手くて、よりブラックだったからね。
  • W (ワム!メンバーの)ジョージ・マイケルは感動するほど歌がうまいし、今でも是非聴いてみて欲しいですよね。

ページ: 1 2 3

PROFILE

渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET、ZOOT16、猪苗代湖ズ)
TOSHIMI WATANABE
1966年12月6日・福島県出身

1990年に「TOKYO No.1 SOUL SET」を結成。福島県出身ミュージシャンなどと結成した「猪苗代湖ズ」でも活躍。メンズブランド「WHATEVER WORKS」のディレクションも務める。自身のソロプロジェクト「ZOOT16」の公式サイトではオリジナルTシャツなどのグッズを不定期で発表。即完なのでこまめにチェック。
watanabetoshimi.com
www.zoot16.com


今月の客人

若旦那 WKADANNA
1976年4月6日・東京都出身

2001年にジャパニーズレゲエグループ・湘南乃風を結成。2011年からはソロ活動を活発化させ、これまでに5枚のアルバムをリリース。昨年からは“the WAKADANNA BAND”としてパンクやアコースティックなど、バンドスタイルでの新たな音楽性を披露。今月まで放送されたTBS系ドラマ『下剋上受験』などに出演するなど俳優としても活躍中。the WAKADANNA BAND『POST』が絶賛発売中。
waka-d.jp

supported by NIXON


PAGE TOP